インターネットマンションシステムの解説
 
 
<インターネットマンションとは>
マンションの建物内にLANを構築し、常時接続回線によってインターネットと接続することにより、各部屋から電話代不要で24時間インターネットを利用することができるマンションをインターネットマンションと言います。
=====常時接続===========インターネット 
  LAN            光ファイバー     プロバイダ (ケイ・オプティコム)  
 
<インターネットマンションの特徴>
1.電話代、プロバイダ代が不要
 
電話回線を利用しないため、電話代が不要です。(固定電話に加入する必要がありません。)また、プロバイダ料金もかかりません。

2.常時接続
 
24時間常にインターネットと接続しているため、時間を気にせず利用できます。

3.低価格
 
常時接続回線を入居者が共有して利用するため、低価格で利用できます。
 
4.高速
 
光ファイバー回線を利用することによりダイヤルアップ接続に比べ高速接続です。
<システム概要>
回線(マンション内) イーサネット方式(100Mbp/S)
各部屋にインターネット専用線としてカテゴリー5(10BASE-T、100BASE-TX対応)配線を敷設しています。
回線(マンション外) 光ファイバー(最大100Mbp/S)
最大上下とも100Mbp/Sのベストエフォート型サービスです。
(注)ベストエフォートとは最大速度が上下とも100mbp/sという意味です。
スイッチングハブ VLAN対応
バーチャルLANにより、各部屋間の通信をできなくすることによりセキュリティーを確保しています。
<NETWORKの構成>